名刺にqrコードを載せる場合のサイズや費用

名刺にqrコードをつけることは、伝えたい情報を効率よく伝えられること、スマートフォンですぐに読み取れることなどから、利便性が高い方法として企業の間で導入が進んできました。qrコードとはそもそも何なのか、どれくらいの大きさで名刺につけたらいいのか、また、qrコードを印刷する場合の費用や利便性について紹介します。


qrコードとは何なのか

qrコードとは、バーコードの一種です。バーコードには複数の種類が存在しており、一次元コードと二次元コードに分かれています。一次元コードは書籍や物流、医療やスーパーなどで利用されていることが多いです。一方、二次元コードはホームページのアドレスや電子部品、物流・伝票など多岐にわたって利用されているもので、一次元よりも情報の量が多いといえます。

理由として、一次元コードは横方向に線の太さや感覚で文字を表現しているため、取り扱える情報の量が多くないからです。二次元コードの場合には間違えた部分を訂正できることをはじめ、汚れや破損などに強い機能が付いています。

また、文字以外にも音楽や画像などを取り扱えるのがメリットです。qrコードでは小さな白黒の模様になっているように見える部分が、情報の塊となっています。角にある大きな四角はカメラで撮影すると、qrコードであることを認識する物です。

他の記号と間違える可能性が一番少なく、認識を正しく行えることから四角の読み取りコードとなりました。現在日本で販売されているほとんどのガラケーのカメラでqrコードは読み取れます。また、スマートフォン・タブレットでも専用のアプリを入れることで読み取れるようになっているため、専用のアプリが入っているかどうか、確認してから読み取ることが必要です。

qrコードを名刺に導入するメリット

名刺にqrコードを印刷することで、名刺自体をすっきりとさせることが可能となります。名刺に必要な情報を全て掲載すると、名刺が見づらくなってしまうことや、情報が煩雑になってしまうことも珍しくありません。そのため、qrコードを掲載して情報を集約することにより、名刺では最低限の情報を掲載し、qrコードで詳しい内容を掲載することが可能となります。

また、名刺に掲載する情報を最低限にすることによって、名刺のデザインに工夫を凝らせるようになることもメリットです。インパクトのあるデザインや、自社のコンセプトに合致しながらユーモアを取り入れた名刺を作成することも簡単となるでしょう。

オリジナリティあるデザインの名詞は、ビジネスシーンで印象を残すことが可能となります。結果として自社のビジネスチャンスを高める可能性が高いです。URLを入力する手間が省けるqrコードは、自社のサイトだけでなく、メルマガ登録や商品の購入ページなどに移動するように作成できます。

結果として文字情報で全てを伝えようとするのではなく、サイトにアクセスしてもらって自社の魅力を確認してもらうことができるでしょう。例えば、動画や写真など視覚的なコンテンツを多数用意することで、自社製品の良さを効率よく伝えることができるからです。

また、手間についてもスマートフォンやタブレットで撮影するだけで済むため、スムーズにアクセスしてもらえます。結果としてサイトの情報をきっかけとして取引先や初めて遭う人とのコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。

qrコードを作成する方法

qrコードを作成するのは決して難しいことではなく、自社で作成することも可能です。

したがって、フリーソフトを使って自社でqrコードを作成し、社員の名刺に掲載することも可能と言えるでしょう。

無料ソフトのセキュリティに不安を抱く場合には、Wordを使って作成することも可能です。Wordには、qrコードを作成する為のテンプレートファイルがあります。大きさや倍率、補正値なども設定が可能となっているため、自社でqrコードを作成したい人にはぴったりです。

なお、自社で名刺作成し、qrコードを印刷する場合、パソコンやプリンターの電気代、インク代、そして名刺用紙代だけで済むので、業者に依頼するよりは安く仕上げられるでしょう。名刺作成業者に依頼する場合には、業者側にデザインを入稿する前に自社でフリーソフトやアプリを使って作成し、qrコードの掲載位置までを決定できます。

また、業者によっては自身でqrコードを設定できる場合もあるため、依頼前に確認しておきましょう。自社で製作して入稿する場合、入稿前に印刷して、デザインに掲載されているqrコードを社員のスマホで読み取ることができれば問題なく入稿できます。

料金の相場としてはデザイン名刺と同様の料金と考えられることが多いため、30枚で2,000円から3,000円程度となるところが多いです。

カラーの多さによって多少費用が異なるため、事前に見積もりを取って確認しましょう。

qrコードを名刺に掲載できるサイズは

qrコードを名刺に載せる時、どれくらいの大きさのものを載せたらいいのか気になる人は少なくありません。参考材料として、最小のqrコードは3mmから6mm程度だと言われています。作成するアプリやフリーソフトによって異なるため、小さくてもいいのか、大きければ大きいほどいいのか確認して作成しましょう。

ちなみに、最大はスマホカメラで読み取れる程度の大きさであればいいと言われています。撮影の時にはみ出してしまうような大きさの場合には、読み取ることが難しくなるため、避けてください。名刺にqrコードを掲載していることが多い大きさとしては、縦・横ともに20mmです。

それ以上でも掲載されますが、大きくしすぎると名刺として役立たなくなってしまう可能性が高いため、バランスを取るように心がけてください。解像度や大きさによって読み取れる確率が異なるため、名刺の裏面に印刷して読み取りやすくしている企業もあります。

どの程度の大きさで掲載するのか、表・裏どちらに掲載するのか考えてから印刷を発注しましょう。

名刺に掲載する時の注意点

ビジネスシーンで役立つqrコードを名刺に載せる為には、解像度が300から350dpi程度になるよう、調節しなければなりません。自社で製作する場合や印刷業者に依頼する場合どちらでも、解像度が低いと読み取れず、使い物にならない名刺になってしまいます。

解像度だけでなく、余白についても注意が必要です。qrコードの周囲4セル以上の余白が必要であることを理解し、デザインしましょう。黒と白だけでも、黒が強すぎるとqrコードがつぶれてしまい、読み取り出来なくなる可能性があるため、注意してください。

必要に応じてグレースケールを使うことで、印刷の時に読み取れるようになるでしょう。また、黒と白の物ばかりでなく、カラーのqrコードも誕生しています。色の濃淡や背景の色と重ならないような配色が必要となるため、必ず読みとれる配色の物を作成してください。